スキップしてメインコンテンツへ進む

How to: Iron a Shirt

しわになりにくいドレスシャツや、ソフトウォッシュ、カジュアルシャツの正しいアイロンがけの方法をご紹介します。

シャツにアイロンをかける方法

準備するもの

  • スチームアイロン
  • スプレーボトル
  • きれいな飲み水 (洗濯のりは使用しません)

Etonが誇るシグネチャー仕上げはアイロンの手間を大幅に省きます。正しい手順と方法でアイロンがけをすることで、素早く正確にぱりっと整ったシャツに仕上げることができます。一方で、ガーメントウォッシュシャツは、柔らかく、着古したような風合いを出すために繊細な洗浄を行っています。そのため、ここでは完璧な仕上がりではなく、素材に最も合ったより良い仕上がりを目指すものとします。

1. 基礎作り
ちょっとした準備が成功の鍵となります。洗濯直後の濡れたシャツはアイロンがけに最適ですが、乾いたシャツを軽く湿らせることで、より速く、スムーズにアイロンをかけることができ、仕上がりもきれいです。

2. 襟
しわになりにくいシャツならアイロンの温度を「中」に、ガーメント ウォッシュシャツやニットドレスシャツなら「低」(生地によっては適温温度が異なるため、必ず事前に洗濯表示ラベルを確認してください)に設定します。まずは襟の裏側にアイロンをかけます。この時、襟の端から、内側方向、そして襟腰に向かって下方向にアイロンを動かしてください。シャツを裏返し、襟の表側にも同様にアイロンをかけます。

3. 袖口
袖口のボタンを外し、表側のみアイロンをかけます。端から内側に向かって繰り返しアイロンを動かし、ぱりっと仕上げます。シングルカフスの場合、ボタン周りに注意しながらアイロンをかけます。

4. ヨーク
アイロンを設定し直し、ここからはたっぷりとスチームを使用します。後ろ身頃のヨーク部分を横向きにし、アイロン台の上部に合わせて置きます。端から内側に向かってアイロンをかけます。

5. 後ろ身頃
シャツの向きを変え、同様に後ろ身頃の下の部分にアイロンをかけます。

6. 前見頃(両側)
前身ごろの一方をアイロン台に乗せ、ボタンの周りに注意しながらアイロンをかけます。

7. 袖(両側)
スリーブボードがある場合、スリーブボードを使用してください。スリーブボードがない場合でも、アイロン台の上でしっかりと平らにならせば心配はいりません。袖をアイロン台のふちから数ミリ程度はみ出すように置くことで、袖に沿って残る跡を防ぐことができます。上から下に袖口に向かってアイロンをかけます。

役に立つしわ伸ばしのヒント:
旅行中や時間がない時は、シャワーを浴びている間にハンガーを使用して浴室にシャツをかけておくだけで、シャワーの湯気がスチームの働きをするためシャツのしわを伸ばしてリフレッシュさせることができます。(Etonのニットドレスシャツ及び、ニットピケ素材のポロシャツは、これで十分なしわ伸ばし効果を発揮いたします。)

Etonのシグネチャー仕上げは、その確かな品質が自慢です。しわになりにくいシャツについた軽いしわなら、着ている間に体温でしわが伸びるため、アイロンがけの必要はありません。