スキップしてメインコンテンツへ進む

How to: Iron a Shirt

しわになりにくいシャツをさらにぱりっと見せたいとき、あるいはカジュアルな装いに上品な印象を加えたいとき――そんなときのために、Etonは簡単なシャツのアイロンがけガイドを用意しました。

シャツにアイロンをかける方法

準備するもの

  • スチームアイロン
  • スプレーボトル
  • きれいな飲み水 (洗濯のりは使用しません)

Etonが誇るシグネチャー仕上げはアイロンの手間を大幅に省きます。正しい手順と方法でアイロンがけをすることで、素早く正確にぱりっと整ったシャツに仕上げることができます。一方で、ガーメントウォッシュシャツは、柔らかく、着古したような風合いを出すために繊細な洗浄を行っています。そのため、ここでは完璧な仕上がりではなく、素材に最も合ったより良い仕上がりを目指すものとします。

準備
洗濯直後の濡れたシャツはアイロンがけに最適ですが、乾いたシャツを軽く湿らせることで、より速く、スムーズにアイロンをかけることができ、仕上がりもきれいです。しわになりにくいドレスシャツなら温度設定を「中」に、カジュアルシャツなら「低」に設定します。(生地によっては適温温度が異なるため、必ず事前に洗濯表示ラベルを確認してください)。


まずは襟の裏側にアイロンをかけます。この時、襟の端から、内側方向、そして襟腰に向かって下方向にアイロンを動かしてください。シャツを裏返し、襟の表側にも同様にアイロンをかけます。

袖口
袖口のボタンを外し、表側のみアイロンをかけます。ボタン周りに注意しながらアイロンをかけてください。

ヨーク
後ろ身頃のヨーク部分を横向きにし、アイロン台の上部に合わせて置きます。端から内側に向かってアイロンをかけます。スチームを使用するとより簡単です。

後ろ身頃
シャツの向きを変え、同様に後ろ身頃の下の部分にアイロンをかけます。

前身頃
前見頃を片方ずつアイロン台に乗せ、ボタンの周りに注意しながらアイロンをかけます。


スリーブボードがある場合、スリーブボードを使用してください。スリーブボードがない場合でも、アイロン台の上でしっかりと平らにならせば心配はいりません。袖をアイロン台のふちから数ミリ程度はみ出すように置くことで、袖に沿って残る跡を防ぐことができます。

洗濯をせずにシャツをぱりっとさせるには、シャツをハンガーにかけて乾かしてみてください。または、シャワーを浴びている間、浴室でシャツをハンガーにかけていただくと、スチーマーのような効果が期待できると同時に、エネルギーを最大限活用することが可能です。