スキップしてメインコンテンツへ進む

ボウタイの結び方

ボウタイ(蝶ネクタイ)の結び方

セルフタイ・タイプのボウタイ—フォーマルなスタイルにエレガントな華を添える存在です。ボウタイの結び方はまさに芸術のようなもの。マスターするのは難しいですが、少しの意志の力と忍耐力、そしてこのステップ・バイ・ステップ・ガイドがあれば、自分のペースで簡単に習得することが可能です。そして人生の一大イベント—もしかしたら自分自身の結婚式の日に、手早くボウタイを結ぶことができるようになるかもしれません。さて、どうすれば正しくボウタイを結べるのでしょうか? 多くの人にとって、これは大きな挑戦かもしれませんが、一度覚えれば、最もスタイリッシュなアクセサリーのひとつを、あなたの襟元に誇らしく飾ることができるのです。

ETONでは、あらかじめ結ばれたプレタイ・タイプのボウタイもご用意しています。それでも、私たちは自分で結ぶタイプのボウタイをお薦めします。自分で結んだボウタイは、完璧ではありません。少し曲がっていたり、片側の方が長くなってしまったり。でも、それがあなたの個性を引き出し、よりエレガントでリラックスした雰囲気を印象づけることができるのです。

さあ、最高級のクラブに入会する準備はよろしいですか?

まず、ボウタイの片側がもう一方よりも長くなるように首にかけます。長い方を取り、短い方に被せます。

長い方を手に持ったまま、結び目の後ろにくるように下へ引っ張ります。

ここからがお楽しみのパート:短い方を蝶の羽のように折ります。

もう一度長い方を持ち、蝶の羽の前来るように、前方に引き上げます

左の羽を右の羽の上に被せ、固定します。

ここがやっかいなところです。左の羽を持ち、ボウタイの上の部分に通し穴があることを確認します。次に、右側の羽(長い方)を折ります。

次に、右側の羽(長い方)を、最初の羽の後ろにある通し穴へと押し込みます。

最後にボウタイを整えて締めます。これで大切なイベントの準備は完了です。

Bow Ties