スキップしてメインコンテンツへ進む

Namnlöst-2

必要なことは何か?

このコラボレーションでは、『どんな瞬間でも、決意を持ってやり遂げる事を求め続ける』ということを大切にしています。この物語は、Eton と Mondo Duplantis の『より良いものを追い求める』ことをテーマにしています。

スポーツの域を超えて、自分自身を誰も想像しないようなレベルまで持っていきたいというビジョンがあります。できると信じているからこそ、そう考えています。








第1章 - 準備すること 

ほんのりと薄暗い控室。静寂の中で、Mondoは彼の出番を待っている。

「もし自分ができると信じているものがそこにあるのなら、ただ実行に移してやってみるだけ。シンプルに聞こえるかもしれないけれど、それが今の自分を作り上げた考え方なのです。」








第2章 - 自信を持つこと

観客席に座っているMondo。いつも通りの落ち着いた表情で、ストックホルムのスタジアムの景色を何気なく見つめている。

「僕はいつもとても冷静で、試合ですごくストレスを感じることはありません。きちんと準備をしていれば、それが自信につながると思っています。」








第3章 - 自分らしく

カモメの群れがゆっくりとした風の流れに乗って漂っている。Mondoは特に気に留めることはない。彼の関心はただ一つ、陸上競技場。彼の居場所だ。

「身体的に必要なものは全て揃っている。精神的に必要なものも大丈夫だ。僕にとっては、”なぜ僕なんだろう?”ではなくいつも”なぜ僕じゃないんだろう?” なのです。」








第4章 - 深呼吸をして

ついに、彼はゆっくりと、深い深呼吸をして、夏の風を感じる。そろそろ時間だ。

「僕は大体その特定の日に、自分がどこまでできる状態かということをよくわかっています。そして、その瞬間に僕の持っている全力を尽くしている自分に誇りを持つようにしています。」








第5章 - ベストな自分になる

ポールの重さが手の中に心地よく残る。これが全ての結果なのだ。

「 僕は完璧主義者ではない。完璧を目指すわけではないし、ただ達成できると考えているわけでもない。でも、一つ一つの全てのことを正しくやっていれば、それは全て結果につながる。僕はただ、ベストな自分になろうとするし、同時に完璧である必要はないということを知っているのです。」

Mondo Duplantis x Etonのコラボレーションコレクションを見る。