スキップしてメインコンテンツへ進む

How to: Remove Stains

Etonシャツやアクセサリーの汚れや染みを落とす方法

日常生活の中でできる衣服の汚れや染みに悩むことはありますが、汚れや染みがついた時にはできるだけ早く対応することを推奨しております。
洗濯かごの中に汚れのついたシャツを長時間置いておくと、汚れや染みが残る可能性があります。
素早く対処することでシャツ全体を洗う必要がなくなるかもれません。

一般的な汚れ・染み落としの方法や役立つ情報を掲載しておりますのでご参照ください。
汚れ・染みの種類によっては下記の方法でも落ちない場合がありますのでご注意ください。

  • 一般的な汚れ
    軽い汚れは清潔な布を少量の石鹸水に浸し、対象箇所に優しく押し付けて落としてください。冷たい水ですすぎ、残った汚れを取り除きます。落ちない場合は、洗濯前に染み抜き剤を使用ください。ただし、染み抜き剤が完全に乾いてしまうと、新たな染みができる場合がありますので十分にご注意ください。

  • 血液の汚れ
    付着した血液はできるだけ早く落とし、すべて落ちるまで冷たい水ですすいでください。対処が早いほど、汚れが落ちやすくなります。

  • コーヒーの染み
    新しい染みは、冷たい水ですぐにすすいでください。少し時間が経ってしまった場合は、染み抜き剤を使用し、数分置いた後で洗濯すると効果が発揮されやすくなります。ただし、染み抜き剤を乾燥させないようご注意ください。

  • インクの汚れ
    対象箇所にクエン酸を塗布した後、通常の方法でシャツを洗濯してください。

  • 油やショートニングの汚れ
    清潔な布を少量の水と食器用洗剤に浸し、対象箇所に優しく押し付けます。洗剤による変色を防ぐため、必ず冷たい水ですすいでください。

  • ワインの染み
    ワイン(特に赤ワイン)の染みは落ちにくいため、素早く対処することをおすすめします。ペーパータオルで余分な水分をすぐに吸い取り、ワインの付着した部分に塩をたっぷりとかけ、塩がワインを吸収するまでそのままにしておきます。長く時間を置くほど効果が期待できます。その後、冷たい水でよくすすぎ、通常の方法でシャツを洗濯してください。

  • シルク生地やウール生地の汚れ
    ネクタイやマフラーについた汚れは、必ず初めに余計な水分や固形物を取り除くようにしてください。
    シルク生地の場合、レモンジュースやホワイトビネガーなどの酸性のものとぬるま湯を混ぜて使用します。混ぜた液体を目立たない部分に試し付けし、変色しないことを事前に確認してください。対象箇所に優しく押し付け、こすらないよう注意してください。汚れが落ちたら冷たい水でよくすすぎます。
    ウール素材の場合、同量のホワイトビネガーとウール用洗剤を混ぜ、水を加えます。汚れに優しく押し付け、こすらないよう注意してください。汚れが落ちたら冷たい水でよくすすぎます。

  • 脇下の染み
    白いシャツの脇下部分に染みができた場合、同量の食器用洗剤とクエン酸を混ぜ、少量の水を加えて染み部分に塗布してください。塗布した液体を約20分間そのままにしておき、冷たい水ですすいだ後、通常の方法でシャツを洗濯してください。
    脇下の染みを避けるには、制汗剤の使用をアルミニウムを含まないものに変更してください。制汗剤を使用する場合、シャツを着る前に完全に乾かすことで脇下にできる染みを防ぐことができます。
    アンダーシャツを着ることも染み予防への効果が期待できます。EtonのFilo Di Scozia Tシャツはとても柔らかく、滑らかな肌触りです。Etonシャツの下にもすっきりとご着用いただけます。